charm

桐箱の魅力

日本では古くから愛されている桐箱の魅力に迫ります。

scroll down

桐箱の素材である「桐」について

桐(キリ):ゴマノハグサ科の落葉高木。5月ごろ紫色で毛の多い花を咲かせる。
原産:中国(あるいは朝鮮とも言われている)

木材に使用される木の成長年数として、杉は80年、松は40年、そして「桐」は、なんとたったの15年でもう木材として立派に使えるのです。うまく植林をすればどんどん大きくなるので環境にもいいですし、おまけに「桐」はとても長持ちする素材なので、とてもエコロジーに貢献する木なのです。



「桐」5つの特徴

1.加工しやすく気密性が高い
十分乾燥された桐材は伸縮率が低く狂いが少ない材質のため、寸法どおり精密に作ることにより非常に気密性が高く仕上げることができます。この気密性の高さが内部の環境を良好に保ち、外の湿気や水、虫などから守ります。

2.軽く割れにくい
絶乾比重(含水率0%の時の比重)は、0.17~0.37、気乾比重(含水率12%時の比重)は0.18~0.38。国産の加工用木材の中では最も軽く割れにくい特徴があります。

3.燃えにくい
火がついても表面が炭化しやすく燃えにくいという性質ももっています。昔から火鉢にも使われるくらいで、耐火性が高く発火点は400°C以上とも言われています。

4.調湿作用があり抗菌性が高い
調湿作用があり温度や湿度の変化を受けにくいため、長年大切に使いたい品物の収納や保管にも最適です。

5.虫がつきにくく腐りにくい
昔から箪笥や長持など、長年にわたり大切な衣類などを保管する道具の材料として使われてきました。桐の抽出成分の中には昆虫を寄せつけない成分が多量に含まれており、乾燥した桐材には虫がつきにくいといわれています。防腐成分のタンニンが多く含まれることからも、桐製品は腐りにくく長く使うことができます。

素材を生かした木箱つくり

美術木箱うらたでは「桐」という素材を生かした木箱をオーダーメイドで製作しております。

桐で作った米びつは天然の防虫・防湿作用があり、化学成分の入った防虫剤に頼らなくてもお米を美味しく保存できますし、酒箱は贈答用に最適です。

今も生活に寄り添う桐箱の機能性とあたたかさに触れていただき、末永くご愛用いただければ幸いです。